【2021年1月19日】CEOフォーラムに登壇いたしました

株式会社APIコンサルタンツ様より講演依頼をいただき、講演をいたしました。
たくさんの方のご聴講ありがとうございました。

https://www.api-c.co.jp/ceo-forum

開催概要

開催日時 2021年1月19日(水)11:30~13:00 (12:00講演開始)

一般社団法人健康長寿実現推進機構 理事長 東海林 義和 様​

『大麦は日本を救う -国内生産復興の実現-』​

一般社団法人健康長寿実現推進機構の理事長である、東海林義和氏とAPIコンサルタンツ代表 松本洋の対談形式で行いたいと思っております。
当日は博士に大麦の魅力と、その効果について大いに語っていただきます。また、お弁当のご用意もあり、大麦食品の即売会もございます。
東海林氏は、生活習慣病の予防と改善のために大麦食品の開発と普及を目指した活動に取り組んでいます。
縄文時代から日本人が食べていた「大麦」が、いつしかほとんど食されなくなった現代。実は大麦はグルテンがほぼゼロであり、食物繊維が豊富なため、以下の効果があります。

1.心臓病のリスク軽減
2.便秘を解消による美容効果・ダイエット効果
3.コレステロールの低下
4.糖尿病・高血圧・メタボリックシンドロームの解消と予防管理​

免疫力向上により、ウイルス対策に効果もあり、近年流行っているコロナ対策にも大いに貢献できる食物です。​

講演者略歴

1973年
・東北大学大学院理学研究科(化学専攻)修了。理学博士
・株式会社ADEKA(化学・食品素材企業 東証一部上場)にて情報電子分野等の先端材料から機能性食品まで幅広い研究開発、販路開拓、国内外事業・経営戦略を経験、理事・執行役員を経て退職。この間、(株)東京環境測定センター取締役、(株)アレルゲン・フリー・テクノロジー研究所代表取締役兼職。
1991年
・有限会社サクセスライフインスティチュート所長就任。
2005年
・国立大学法人埼玉大学 客員教授に就任。
2008年
・社団法人電気学会「電気学術振興賞(進歩賞)受賞。
・国立大学法人埼玉大学特命教授に就任。
・農林水産省産学官連携事業コーディネーターを兼職。
2012年
・フード・アクション・ニッポンアワード2012「研究開発・新技術部門(優秀賞)受賞。
2017年
・埼玉大学登録国際特許「穀物粉体及び応用食品」(日英米中韓)発明者・実施権取得。
・登録商標「大麦力」通常実施権許諾契約締結。
現在
・一般社団法人健康長寿実現推進機構(Hello) 理事長
・農林水産省「知」の集積と活用の場「健康長寿食品研究開発プラットフォーム」及び「農食連携プラットフォーム連合」プロデューサー
・農林水産省6次産業化中央プランナー
・中小企業庁ミラサポ(未来の企業応援サイト)専門家
・秋田県湯沢市ふるさと応援大使(現菅首相の湯沢高校の5年先輩)

開催場所 APIレセプションルーム4階 東京都港区白金台5-22-12 前田道路白金ビル

関連記事